designing is to connect human, activity and space

blue palette as residential

rd01.jpg
blue palette
魅力的なコミュニティーづくりが付加価値を高める賃貸住宅デザイン

築年数に対して価値が下がらない賃貸物件づくりに必要な要素として「良質なコミュニティーづくり」という観点が年々重要さを増しています。 ライフスタイルや価値観の変化に伴い、人はどこに住むか以上に「どのように住み、どのような暮らしをするのか」を大切にする傾向が強くなっているからです。 ワイズ・ラボのオリジナルブランドブルーパレットでは《social work, social design》をコンセプトに該当物件に最適なターゲットの明確化とテーマ策定からスタートし、自然発生的コミュニティー創造の場づくりをデザインすることで入居者同士がライフスタイルやテーマに合った交流を持ち、つながりから生まれる安心感と機能性を提供できるより価値の高い賃貸住宅の提案を行なっています。
rd02.jpg
my penthouse
魅力的機能的で豊かなマイルームと天上のペントハウスを持つこと

自宅に求めることは快適で機能的なプライベート空間。 仕事から帰ってきて自分に戻れる安心できる場所。でもそれだけでしょうか? 時に空を独り占めしたような広々とした部屋から街を見下ろし、視点を変えること。 自分の会社の社長よりも贅沢な社長室みたいな場所で優越感を味わいながら仕事をしてみること。 このプロジェクトで私たちが形にしたのは「非現実な」贅沢を必要な時に自由に味わえる賃貸住宅。自室はミニマムでシンプル、快適を極めたもの、 そして同じ建物に居住者が自由に使えるペントハウスを備えているので、仕事に没頭することも友人を呼んでのパーティーも可能です。
blue palette
rd03.jpg
my favorite shop is in my room
ライフスタイルの変化に伴い、部屋での時間の使い方も変わってきました。 オンラインでのショッピングが一般的になり、部屋でのパーティーが新しいレストランでの会食よりも好きな女性たちも多くなってきています。 このプロジェクトで形にしたのは「まるでお気に入りのショップやカフェのような部屋で住むというワクワクした気持ち」。 大容量のウォークインクローゼットは開けはなつとショップのラックのようになり、大好きな服を眺めながらお茶を楽しむことも可能に。 自分の好きなものを集めて眺めて暮らしたい、そんなアクティブなプライベート時間を作り出すデザインです。
blue palette

archives

our 3 domains